副業でキャバクラ嬢をする時のデメリット5つ
2017.05.14 Sunday

こんにちは。池袋高級派遣アロマエステ~energy(エナジー)~です。

副業でキャバクラをしようと考えている方も多いのではないでしょうか?
しかし、イメージとは違いいざおこなってみると大変な思いをするかもしれません。
キャバクラで副業をすると本業のもかなり影響がでやすいのです。
注意しなければならない5つのポイントを今回はまとめてみました。
 

デメリット1.初期投資が幾分か掛かる

副業を考える時、お金を必要としているからではないでしょうか?
でも、キャバクラでのお仕事をする場合には多かれ少なかれ出費が伴います。

ドレス、ヒールの高いパンプスなど貸出をするお店もあるようですが
貸し出すために高い金額を請求されたりするようです。

また、ヘヤメイクがお店なければ、その費用やネイル代など自分をキレイに見せるための出費がかさみます。

 

デメリット2.本業以外の人間関係に苦しむ

女性が多く働く職場です。お客様についていないときは、他の女性と同じ空間で待機しなければなりません。

また、接客を常に1対1というわけではありません。他の女性との一緒に接客することは多くあります。

ですから、多少の人間関係のストレスは副業でも覚悟しなければならないのです。

 

デメリット3.体力を消耗し、寝不足となる

夕方に本業が終わって急いでお店へ。
帰宅するのは午前1〜2時そしてまた本業は9時からとハードなスケジュールになります。
お酒を飲みますから体力が低下して睡眠時間を削ることが難しい状況になることもあるでしょう。
そうなったら副業のキャバクラをやめないと体がもちません。
ご飯をろくに食べられず、十分な睡眠時間をもてない状況を続けていけますか?

デメリット4.副業がバレてトラブルとなる

近年スタートした「マイナンバー制度」により確定申告していなければ会社に通知がきてバレるということは絶対にないということはありません。稼げば稼ぐほどリスクは高まります。
ほかにも本業の上司にばったりお店であってしまったり、本業で遅刻が多くなってバレるということは多くあります。
バレるリスクは風俗店で働くよりも高いといっても過言ではありません。

デメリット5.お店に定休日があるのでその日は出勤できない

東京都内のキャバクラは日曜日を定休日にしているお店が多くあります。
OLさんで副業を考えるときに睡眠時間を十分にとれる週末は副業には絶好の曜日です。
しかし、その1日日曜日が定休日であればその日はお仕事することはできません。
1ヶ月トータルで考えると、かなりの金額になります。

ほかにも、全額日払い制ではありません。
近日中にお金が必要でも稼いだ分をすべて手にすることはできませんので、すぐにお金が欲しい方にも向きません。

ムリをして病気や体調不良になったり、充実せずに時間だけが過ぎていったりすることのないように

あなたにあったの答えをだしてくださいね。
 

【池袋・新宿&品川・五反田高級派遣アロマエステ~energy(エナジー)~】

 

20160116_1219881.png

 

[ご応募・お問い合わせ]

★LINEでお問い合わせ
ID:energy-rec
友達追加でスグに問合せする場合はこちらから⇒

★メールでお問い合わせ
スマートフォンの貴女はこちらから⇒
パソコンの貴女はこちらから⇒

★お電話でお問い合わせ
TEL:0120-965-467(フリーダイヤル)      

 

ブログのHOMEへ戻る



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM